クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

クリームシャンプーは敏感肌に使用可能?

人間の皮膚はあらゆる外部刺激から守るために、バリア機能が正常に働くことで、健やかな肌状態を維持することができます。

しかし、あらゆる刺激で皮膚が過度に弱くなってしまう敏感肌になると、シャンプー剤を選ぶのも一苦労です。

低刺激と優しさを重視して選ぶのであれば、肌質が敏感なタイプにもクリームシャンプーなら安心して使用ができます。

敏感肌でも低刺激なクリームシャンプーなら安心です

本来人間の肌はバリア機能により保護されているため健康状態を維持していますが、様々な影響で機能が低下をしてしまうことがあります。

太陽から降り注ぐ強い紫外線をはじめ、洗浄力の強いクレンジング剤や洗顔料など、普段の暮らしの中で皮膚はダメージを受けていますが、その影響を最もよく受けやすいのが敏感肌です。

皮膚の敏感さは顔やボディだけに留まることはなく、頭皮の地肌もデリケートになりがちですから、シャンプー選びは慎重になります。

丈夫な肌を持つ人であれば平気なアイテムであっても、皮膚の弱い人には強い刺激になることがあるため、安易に市販の強い洗浄成分のシャンプーを選ぶことはできません

強力な洗浄成分で洗髪をしたために、頭皮に赤みや痛みが生じたり、かゆみやかぶれなどを感じては大変です。

何がそこまで頭皮の環境を乱れさせてしまうかの引き金は、メインの要因は乾燥にほかなりません。

地肌が乾燥をすることで、保護力を持つバリア機能は低下します。すると守る機能は働かず、外部刺激をダイレクトに受けてしまい、皮膚はどんどん弱くなるばかりです。

頭皮がなぜ乾燥をするかの理由としては、洗浄力が強力な頭皮に合っていないシャンプー剤を愛用しているのも要因になります。

日頃からの頭皮の日焼け止め対策を怠っていたり、高温でシャンプーをしていたり、ブラッシングも過度にやり過ぎるのは乾燥を招きます。

すぐにできるのはシャンプー剤の変更であり、クリームシャンプーであれば皮膚の弱い敏感肌にも使用可能です。

適度な皮脂を残し健やかさを維持するのも強みです

バスタイムでシャンプーをしたら、頭がスッキリ爽快になる快感を求める人は少なくないですが、皮膚の敏感なタイプであれば、ツッパリ感を感じるほどの強い洗浄成分は適していません。

清潔な頭皮や毛髪を保つためにも、汚れをキチンと洗い流すことは確かに大切ですが、頭皮の健やかな環境を維持するためには、頭皮には適度の皮脂成分を残しておかなければなりません

一見すると皮脂は悪者のイメージですが、必要があって分泌をされている存在です。

天然のクリームと言われるのも皮脂であり、適量の正常な分泌があるおかげで、人間の皮膚は潤いある滑らかさを維持することができます。

強力な洗浄成分を含むシャンプー剤は、確かに汚れを一斉除去して洗った後はさっぱりしますが、頭皮に乾燥を感じやすいのは難点です。

あまりに洗浄成分が強いために、必要な皮脂まで洗い流してしまうためであり、その繰り返しは頭皮に慢性的な乾燥状態を招いてしまいます。

特に敏感肌の場合は洗浄力の強さだけに固着をすることなく、できるだけ頭皮に負担が少ないシャンプー剤を選ぶことです。

クリームシャンプーはまさに敏感肌の味方であり、従来のモコモコの泡ができないタイプではありますが、優しい成分で無理なく汚れをオフすることができます。

皮膚が敏感だからこそ、配合をされている成分はできるだけシンプルな方が良いですし、低刺激で地肌への負担が少ないシャンプーがぴったりです。

一般的なシャンプーが良く泡立つのは、頭皮の刺激になってしまう合成界面活性剤を含有するためですが、クリームシャンプーには含まれていません。

合成界面活性剤不使用なので洗髪をするのも安心です

これまでのシャンプーに対しての常識からすると、お湯を含ませれば泡立つものという認識です。

しかし敏感肌であれば使いたいのは、合成界面活性剤不使用の泡立たないシャンプーであり、クリームシャンプーは注目をされています。

固定観念というのは簡単に崩れることがないものですから、泡立ちが良いことが毛髪を洗う際にも良いと考えがちです。

実際のところは、泡立ちが良すぎる=毛髪にメリットがあるというわけではありません。

確かによく泡立てて使うことのできる洗浄成分は、毛髪や毛穴汚れからしっかりと汚れを落とすことが得意ですが、その反面で泡立ちをサポートする界面活性剤が多く含まれるほど、皮膚にとっては強い刺激になります。

刺激成分は地肌への負担になりますし、艶を導き出すキューティクルにまでダメージを与えてしまうため厄介です。

普段からヘアスタイルング剤を頻繁に使用する人などは、油成分や皮脂もたくさん出やすいので、洗浄成分が強い方が良いこともありますが、基本的に敏感肌を持つ人には向いていません。

頭皮の皮膚が弱いのであれば、迷うことなく選びたいのは、毛髪や皮膚にとって強い刺激成分を含まないシャンプー剤です。

だからこそ石鹸系やノンシリコン、無添加シャンプーなどは選ばれていますし、洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーも注目をされています。

その中で現代最も注目を集めるのがクリームシャンプーであり、頭皮と毛髪への優しさを重視した、敏感肌でも安心して使用のできるタイプです。

 

 

以上の通り、健康な肌質の人であれば特に問題がなく使用できる、洗浄成分の強い市販のシャンプーですが、皮膚の弱い敏感肌の人にとっては刺激になりやすいと言えます。

低刺激で合成界面活性剤不使用のクリームシャンプーであれば、敏感な皮膚を持つ人でも安心して使用をすることができます。

サイト内検索
クリームシャンプー関連コラム
おすすめクリームシャンプー(その他)