クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

クリームシャンプーの洗浄力について

一般的に販売されているシャンプーと言うと、泡立てることで髪や頭皮についた汚れを取り去ります。

しかし、シャンプーの中には泡立てずに洗うクリームシャンプーというものがあります。

シャンプーには欠かせないはずの泡をなくして、どうして汚れを取り去ることが出来るのでしょうか?

そもそもなぜ泡立たないシャンプーを使う必要があるのか、その事情についてみてきましょう。

 

シャンプーは泡が立つほど洗浄力が強くなる

シャンプーを濡らした髪につけて手でかき回すと、激しく泡立ちます。

シャンプーを始めとした石鹸、洗剤ではよく見られる光景ですが、泡がなぜすぐ消えることがないのかというと、界面活性剤の力が働いているからです。

界面活性剤は何もない状態では分離してしまう水と油を混ぜ合わせるための成分です。

水だけでは壊れてしまう泡も、界面活性剤の力で表面張力が弱まり、なおかつ水の泡をコーティングすることですぐに消えずに残ります。

そして、界面活性剤でできた泡は、髪や頭皮についた皮脂や汚れを包み込んで浮かせて、取り去ります。

泡が小さくなるほど、つまり泡立ちが良くなるほどに皮脂や汚れを包み込みやすくなり、綺麗になるのです。

これがシャンプーでよく言われる洗浄力です。

髪や頭皮が綺麗になるのであれば喜ばしいことのように思えますが、実は良くない面が多くあります。

というのも、強い洗浄力のシャンプーが落とす皮脂というのは、頭皮を紫外線や細菌から守っている肌バリアそのものだからです。

分泌されすぎると毛穴に詰まって、炎症や抜け毛の原因となりえますが逆にまったくないと頭皮が無防備な状態になってしまい、外部からの刺激でダメージを負ってしまいます。

また髪に対しては同じくバリア機能であるキューティクルを剥がしてしまい、中の栄養や水分が外に漏れて健康が損なわれてしまいます。

しかも、毎日そのように洗浄力の強いシャンプーを使えば、それだけで強い刺激となり状況は悪化していきます。

健康のためには、洗浄力が弱いシャンプーが望ましいのです。

 

泡の立たないシャンプーで頭皮と髪を守る

よく泡立つ洗浄力の強いシャンプーは、汚れを落とす代わりに、髪と頭皮に大きなダメージを与えてしまいます。

特に敏感肌、乾燥肌の人であれば、そのダメージの程度が大きくなり、ひどい炎症や湿疹に悩まされ、抜け毛が加速して薄毛の原因となりえます。

そういう時に最適なシャンプーが泡の立たないクリームシャンプーです。

このタイプのシャンプーでは界面活性剤がっていない、またはとても少なくなっています。

そのために普通のシャンプーのようにかき混ぜても泡立つことはありません。

洗浄力が弱くなっているために、頭皮を守る皮脂を余計に取り去る心配はありません。

それに界面活性剤は髪のキューティクルを剥がすだけでなく、髪と髪が摩擦を引き起こして枝毛や切れ毛を引き起こす原因となります。

その点、クリームシャンプーであれば泡立たず髪が擦れ合うこともきわめて少なくなります。

そのため、汚れが本当に落ちているのか心配になるかもしれませんが、必要最低限の汚れを落とすだけの洗浄力はあります。

ただ、より綺麗にしたいのであればあらかじめお湯で汚れを落としておくといった工夫をしておくと良いでしょう。

一般的なシャンプーよりも、価格としては高めですから続けていくのに経済的な負担がかかりますが、多くの商品はシャンプーだけでなくコンディショナー、トリートメント、育毛剤など一本で複数の役割を果たせるような成分が入っています。

省けるものの手間と費用を考えれば差額は少なくなります。

あと、洗うときの感覚に慣れるためには時間がかかるかもしれませんが健康的な頭皮と髪を守るためにはクリームシャンプーが最適となります。

 

クリームシャンプーはどのように使うのか

クリームシャンプーは、洗浄力が違うので、普通のシャンプーと同じように使うとその真価を発揮できません。

配合されている成分は、商品によって異なりますが基本的な使い方としては、まずブラッシングをして髪のほつれを直し、汚れを落としお湯で洗います。

何もつけていない状態でのブラッシングとお湯でも、皮脂やほこりなどの汚れは7割から8割位は落とすことが可能です。

そこからクリームシャンプーを手に取り、髪と頭になじませていきます。

髪の長さによって最適な量が変わってきますから、上手く調整するようにしてください。

なじませるときには、爪で頭皮を傷つけないように気をつけましょう。

まず傷みやすい毛先からなじませていき、それから生え際から頭頂部にかけて指を滑らせていきます。

そのときに頭皮をマッサージしていくと、頭皮が柔らかくなり血液の流れが良くなります。

そうすることでクリームシャンプーに含まれるトリートメントや育毛剤の成分がよく浸透しやすくなります。

あまり強くおしすぎると、逆にダメージになりますから優しくマッサージをしていきます。

頭皮マッサージをしたあと、しばらく時間を置いて成分が浸透していくのを待ちます。

時間が経ったら丁寧にクリームシャンプーを落としていきます。

お湯をかけながらマッサージをしていくと、毛穴に詰まったクリームシャンプーが残る心配もありません。

最後は濡れた髪で細菌が繁殖しないように、タオルやドライヤーを使って丁寧に髪と頭皮を乾かしていきます。

 

サイト内検索
クリームシャンプー関連コラム
おすすめクリームシャンプー(その他)