クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

クリームシャンプーにはどのような効果がある?

今、海外セレブや国内のモデルの間でも人気を集めている、クリームシャンプー(ノープー)をご存知でしょうか。文字通りクリーム状のシャンプーで、泡立たないシャンプーであることが特徴です。従来の泡立つシャンプーよりも摩擦が少なく、頭皮トラブルや髪トラブルで悩んでいた人の救いとなっています。では、従来のシャンプーと比較してどんな効果がもたらされるのか、順番に見ていきましょう。

 

 

 

そもそもシャンプーはどうして泡立つのか

従来のシャンプーがなぜ泡立つのかというと、界面活性剤という成分が大きく関わっています。美容面での造詣が深い人であれば、界面活性剤というワードには敏感になるかもしれません。界面活性剤は、油と反応して「乳化」という作用を起こし、皮膚表面上から皮脂汚れを浮き上がらせます。また、気泡作用という働きも持っているため、それを利用して泡の摩擦で汚れを浮かせたり、絡めとったりして水に流しやすくするのです。皿洗いをするときの様子を想像するとわかりやすいかもしれません。泡立たない洗剤で油汚れを洗おうとしても、皿の表面で油が行ったり来たりするだけですが、泡を立てると泡に油が持っていかれ、泡を流せば皿から油も流れます。髪は根元の脂が非常に落ちにくいため、泡で浮かせて毛先まで移動させていき、洗い流すのが効率的とされていたのです。

ただし、界面活性剤は皮膚へ刺激を与えるとして、敏感肌の人には肌荒れを引き起こすことがあります。また、髪質によっては髪にダメージを与えてキシキシにしてしまったりと、使用する相手を選ぶ一面があります。今までのシャンプーだと髪に潤いがなかったり、頭皮の荒れが見られた場合は、そのシャンプーが自分の皮膚や髪質に合っていなかったのかもしれません。

泡立たなくても汚れが落ちる仕組み

クリームのシャンプーは泡立たないのに、どうやって汚れを落とすのか気になる人が多いと思われます。クリームシャンプーの主成分は、天然由来のオイルなどが主成分で、皮脂汚れなどを乳化させて落とす仕組みです。泡の摩擦がない分、髪へのダメージも減らすことができ、優しくシャンプーすることができます。泡立つシャンプーが皿洗いの原理で汚れを落とすとしたら、クリームのシャンプーはクレンジングオイルの原理です。油で油分を乳化させ、取り除くものです。

実はクリームシャンプーにも従来のシャンプーのは種類の異なる界面活性剤が使用されています。従来のシャンプーは汚れの除去力に優れているが髪や皮膚への刺激が強いタイプですが、クリームのシャンプーに使用されているのは汚れの除去力は弱いものの、低刺激で保湿力を高める効果のあるタイプです。トリートメントやコンディショナーに含まれているものと同じタイプです。髪がパサパサしてしまって困っている、という人は、泡立つシャンプーよりクリームのシャンプーが向いているのかもしれません。

汚れの除去力は弱いがここがすごい

汚れを落とす、という点では泡立つシャンプーに劣りますが、クリームのシャンプーにはメリットが多いです。低刺激、保湿力の高さは先に述べましたが、それ以外にも以下の2点で愛用している人が多いです。まず、洗髪の時短です。成分上トリートメントやコンディショナーと似通っており、すなわちシャンプーだけでトリートメントまで行なったのと同じ状態になります。シャンプーして一度流し、またトリートメントやコンディショナーを塗ってまた流す、という行程が、シャンプーして終わりにできるのです。洗い方は、乾いた髪を軽くブラッシングし、汚れやフケが落ちるようしっかり髪を濡らしてクリームのシャンプーを塗り、数分放置します。放置している間に身体を洗ってしまったり湯船に浸かったりして、あとはクリームをしっかり洗い流すだけです。

次に、頭皮環境の改善です。クリームのシャンプーを使用すると、常在している菌が増殖するのを防ぐことができ、臭いやフケなどの予防に繋がります。また、クリーム状であることでマッサージも行ないながら洗浄をするため、頭皮の血行が良くなり、育毛やリラックス効果も期待できます。ただしクリームの洗い残しがあると痒みの原因にもなるので、すすぎはしっかり行なうことが重要です。

 

ここまでクリーム状であることの利点を挙げてきました。しかし泡立つシャンプーが悪くてクリームのシャンプーがいい、と一概に言えるものではなく、「汚れを落とす」という点を重視するならば泡立つシャンプーのほうが優れています。汚れも落としたいが今のシャンプーの保湿力には不満がある、という人は、両方使ってみるとよいでしょう。普段はクリームのシャンプーを使い、週に1、2回は泡立つシャンプーを使用する、といった具合です。夏場や仕事で汗をたくさん掻いた日は泡立つシャンプーで汚れを落とし、たいして汗も掻かなかった日などはクリームのシャンプーでも充分皮脂は落とせると思われます。自分の頭皮の状態や髪の具合に合わせ、うまく使い分けていくと良いでしょう。モデルの方々も各々おすすめのブランドなどを紹介していますので、参考にひとつ手に取ってみてはいかがでしょうか。

サイト内検索