クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

クリームシャンプーは育毛に効果がある?

抜け毛が増えたり髪のコシがなくなってしまって、ヘアスタイルがなかなか決まらないなどの悩みを抱える女性から注目を集めているのが、「泡立たないシャンプー」です。

それはクリームシャンプーと呼ばれるもので、従来のシャンプーとは異なったアプローチで髪や頭皮を洗うのが特徴で、髪の毛に関するトラブルに効果的なアプローチを提供できることから愛用者も急増しています。

特に注目を集めているのが育毛をサポートする成分を各種含んでいることです。

そこで今回はその特徴や効果的な使い方、代表的なアイテムなどを御紹介します。

これまでのシャンプーがもっていた問題点

従来のシャンプーといえば豊かな泡立ちを持ち化学合成された界面活性剤で頭皮の汚れをしっかり洗浄し、リンスやコンディショナー・ヘアオイルでケアを行って仕上げるというスタイルが一般的でした。

頭皮の毛根には皮脂腺が多数分布しており、保護のために常に頭皮には皮脂が豊富に供給されています。

放置すると毛穴詰まりやフケなどが大量に生成されるので、シャンプーは洗浄力が強力で泡立ちも良好であることが当然の仕様と考えられてきました。

この考え方には相応の理由があり、油分を多く含む皮脂汚れを洗い落とすためには、洗浄力の強力な界面活性剤で頭皮の清潔さを保つことは当たり前のこととされてきたわけです。

しかし台所洗剤に使用されることもあるほど、化学合成された界面活性剤の洗浄力は強力で頭皮の保護のために必要な皮脂まで洗い流すことで頭皮ダメージの原因にもなっていました。

頭皮を守るためにむしろ皮脂の分泌が促進されるので、いきおい常に強い洗浄力を持つシャンプーを続けざるを得ない、といった悪循環に陥ってしまうことが一般的になってしまいます。

ダメージを負った髪や頭皮のためにはコンディショナーやオイルなどである程度ケアすることは可能ですが、皮脂をほぼすべて洗い流してしまう界面活性剤などの頭皮への弊害を適切にケアすることまでカバーするのは困難な側面があります。

また保湿性を高めるために添加されているアルコール類や、髪の艶を出すために配合されている添加物などの頭皮への刺激も問題視されるようになりました。

そこで、従来のシャンプーが抱えていた問題点を克服するために開発されたのがクリームシャンプーです。

従来のシャンプーとは何が違うのか

それではクリームシャンプーは従来のシャンプーと比較してどのような違いを持っているのでしょうか。

まず指摘できるのはこれまで誰もが抱いていた「洗髪についての考え方を根底から覆す仕様になっているということです。

シャンプーといえばプッシュしてから手にとってあわ立ててから、髪全体に馴染ませることで全体を豊富な泡で覆って、フケや皮脂汚れなどを強力な洗浄力を発揮し、汚れを泡ごと洗い流すというのが基本的なスタイルだったといって間違いないでしょう。

これに引き換えクリームシャンプーは基本的に泡立つことはありません

なぜなら従来のシャンプーに配合されているのが当然だった合成された界面活性剤は含まれておらず、天然由来の洗浄剤が配合されています。

このような際立った成分配合の違いが見られるのは、クリームシャンプーがクリームそのものの有効成分で頭皮や毛髪の健康を保つとのコンセプトのもとで開発されているからです。

そのためこれまでのシャンプーとは使用感が著しく異なるので、シャンプーそのものへの見方のパラダイムシフトを引き起こす可能性を秘めているわけです。

日本に先立って海外ではその頭皮や髪への健康を配慮し育毛にもサポートできるポテンシャルに注目が集まり、並みいるセレブの間でも愛用されており、一般にも人気が波及するようになりました。

翻って国内に目を向けると通販を中心に、人気も高まりつつあります。

クリームシャンプーを選ぶときのポイント

自分にあったクリームシャンプーを選ぶときのポイントは配合成分に注目することです。

適度な洗浄力を持つことと、頭皮や毛髪に対して低刺激な成分配合になっていることに注意を払うべきといえます。

洗浄成分には主にアミノ酸系やベタイン系の成分を含んでいるものが推奨されており、アミノ酸系などの洗浄剤は頭皮の健康を維持するために必要な皮脂を洗い落としすぎないのと特徴を持っています。

必要以上に皮脂を落とすことはフケやかゆみなどのトラブルの原因になります。

皮脂を適度に残すことで頭皮環境を健康に保ち、毛サイクルも正常化し結果的に育毛にも好ましい変化を期待できるわけです。

具体的にはコカミドプロピルベタイン・ココアンホなどを挙げることができます。

逆に回避するべきなのはいわゆる「高級アルコール系」に分類されるシャンプーで、頭皮への刺激を控える観点で注意するべきなのは、各種の添加物です。

身体全体の皮膚の中でも頭皮はとりわけ薄く、刺激にも弱いので保管性を高めたり、成分同士の分離を防止するなどの趣旨で配合されている添加物フリーが理想です。

防腐剤として配合されているBHTやイソプロピルアルコールなどは刺激性が強いので注意が必要です。

 

従来の豊富な泡立ちでフケヤ皮脂汚れを洗浄するシャンプーには高い洗浄力を持つ反面、フケやかゆみなどの頭皮トラブルの原因になっていました。

クリームシャンプーはこのような問題点を克服し、適度な洗浄力と低刺激な成分配合になっています。

頭皮環境を健康に保ち育毛にも資することからクリームシャンプーはこれから先も人気が高まり、普及するものと見られています。

 
サイト内検索
クリームシャンプー関連コラム