クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

クリームシャンプーを使用する際の注意点は?

毎日髪を洗っているのにフケが出る、保湿シャンプーを使っているのに髪がパサパサになるなど、お悩みを抱えていませんか。

「髪は女の命」、「一髪、二化粧、三衣装」という言葉があるように、女性の美しさを測る指標の中でも髪は重要なポイントとなっています。

ヘアケアを怠っていないのに、悩みが解消されないのは非常にストレスになりますよね。

もしかしたら、シャンプーが合っていないのかもしれません。

そんな頭皮トラブルや髪のパサつきでお困りの方の間で、今クリームシャンプーを使い始める人が増えてきています。

ノープーという呼び方もされており、一般的なシャンプーと違ってクリーム状で泡が立たないことが特徴です。

今初めてその存在を知った人や、これから使用を検討している方に向けて、使用方法の注意点などを踏まえて見ていきたいと思います。

クリーム状でよかったことその一、摩擦

クリームのシャンプーを使用するメリットは、主に3つあります。

そのうちの1つは髪へのストレスやダメージが少ないことです。

泡が立たない、ということは、泡による摩擦ダメージがないということになります。

泡が立つことで汚れを落とす点には長けている一般的なシャンプーですが、敏感肌の人や髪質が弱い人にとっては刺激が強すぎるのです。

切れ毛や抜け毛、パサつきに悩んでいる人の多くは、この泡による刺激にやられています。

その点、クリーム状のシャンプーであれば髪に塗って優しくマッサージを行なうため、髪は本来の強さを取り戻すのです。

その代わり、泡で洗うシャンプーに比べて汚れを落とす力は弱いのが注意点となります。

汗だくになった日や、ヘアスタイリング剤を使用した日など、髪から強い汚れを落とす時は泡で洗うシャンプーを使用するのがおすすめです。

普段使いをクリームにして、必要な時だけ泡立てるのが無難でしょう。

クリーム状でよかったことその二、時短

なぜ、クリーム状のシャンプーが成立するのかというと、主成分が天然のオイル等だからです。

泡が立つシャンプーは、気泡作用のある界面活性剤を使用しています。

クリームのシャンプーはそれとは別の界面活性剤を使用しており、髪質を整えたり、保湿性を上げたりする作用があります。

この種の界面活性剤はコンディショナーやトリートメントに使用されているのと同じタイプです。

つまり、クリームシャンプーを使用していれば、コンディショナーやトリートメントを使用しなくていいことになります。

洗髪の行程のうち、トリートメントがなくなるだけでも時間短縮になります。

仕事が終わって帰宅し一刻も早く就寝したいとき、トリートメントを省略できるだけでかなり助かるのではないでしょうか。

一般的なシャンプーと異なり、塗布して数分放置する使用法になりますが、放置中に身体を洗うなど作業が効率化します。

忙しい現代人にとっては美を損なうことなく時間を作ることができる、理に適った入浴スタイルでもありますね。

ただし、髪が乾いた状態で軽くブラッシングして埃等を落としておくことと、髪を濡らす時にある程度の汚れは落ちるようにしておかないと、シャンプーで汚れが落としきれないこともあるので注意が必要です。

クリーム状でよかったことその三、臭いとフケの改善

ヘッドスパなど、頭皮マッサージを行なうときにクリームを使用して行なった、もしくは行なってもらったという経験はないでしょうか。

ヘアサロンなどでシャンプーをしてもらうときも頭皮マッサージを軽く行なうことがありますが、それも泡でモコモコしているときではなく、トリートメントを行なっているときが多いです。

クリーム状のシャンプーを使用するときも、泡立てることがないため、塗る際はマッサージに近い動きとなります。

気持ちいいのはもちろん、頭皮の血行がよくなり、髪の健康にも良い影響を与えます。

また、クリームに含まれる成分が頭皮の常在菌の異常発生を抑える働きをします。

それにより、フケや臭いの発生を防いでくれます。

臭いの発生原因には何も対処せず、香りのいいシャンプーでごまかそうとすると臭いが混ざって悪化することがありますが、クリームのシャンプーであれば臭いの発生自体を防いでくれるのです。

頭皮環境が整うので、髪が本来持っている美しさをそのまま活かすことに繋がります。

ただし気を付けなければならないのは洗い残しです。

クリームのシャンプーも洗い残しがあればフケやかゆみの原因となります。

シャンプー後はしっかりと洗い流し、衛生的に保つよう努めましょう。

まとめ

クリームのシャンプーを使用する3つのメリット、摩擦ダメージの軽減と洗髪の時間短縮、頭皮環境の改善についてお話ししましたが、注意点も挙げてきました。

汚れを落とす力が弱いので時と場合に応じて泡立てるシャンプーも併用していくこと、使用する際はブラッシングやゆすぎを行なって補助すること、洗い残しを作らないように気を付けることです。

クリームのシャンプーは汚れを落とすよりも美髪を応援するアイテムと言ってもいいでしょう。

うまく活用し、つやのある美しい髪を手に入れましょう。

サイト内検索