クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

クリームシャンプーの間違った使い方って?

クリームシャンプーの使い方を知らずに試してしまい、地肌が傷つくこともあります。

一般のシャンプーとどのような違いがあるのか、正しく使うために知っておかなければならないことが沢山あります。

きちんと知っておけば、使い勝手のよさに気付くこともできます。

 

刺激を与えないための使い方に注意

シャンプーで髪の毛や頭皮の汚れを落とすことで、皮脂のニオイが抑えられたり、抜け毛が減ったり、栄養や潤いを与えることもできます。

頭皮環境や髪質も健やかに、また、美容成分配合によって美髪に導くことも可能です。

ですが、きちんと洗っているのに、フケやかゆみが出るなどのトラブルがあるのなら、乾燥肌や敏感肌へ移行してしまっているかもしれません。

また、界面活性剤が使われているのが一般のシャンプーの特徴で、刺激が強かったり、頭皮や髪の毛に負担がかかる洗浄力が高いため、こうした肌質の人はクリームシャンプーを試してみるのもありかもしれません。

一般のシャンプーは泡立てることでクレンジングするのですが、クリームシャンプーはほぼ泡立たないのが特徴なのです。

泡立つことで汚れを落とす一般のシャンプーは、乾燥肌や敏感肌の人、髪質が弱い人にとっては刺激が強すぎます。

洗い方が雑になったり、激しすぎたり、泡立たせる刺激によってトラブルを起こしてしまい兼ねません。

もちろん、泡で洗う一般のシャンプーに比べれば、泡が立たないクリームなので汚れを落とす力に弱さがあり、「間違った使い方」に発展しがちで、注意が必要です。

コンディショナーなどは用いないこと

クリームシャンプーの間違った使い方を知り、それを正すだけで、その効果をより高めることができます。

まずは、「髪を濡らす前に」ブラッシングをして髪の毛と頭皮の汚れを浮かせておくということが大事になります。

髪が乾いた状態で軽くブラッシングすれば、埃などがあらかた落ちてくれますが、髪を濡らしてからでは、埃と水分が混ざり洗浄力の弱いクリームシャンプーでは十分に汚れが落ちないこともあるようです。

また、髪の毛同士が絡まないことにも繋がり、切れ毛のトラブルを防ぐこともできます。

次に、髪の毛と頭皮を十分に濡らし、クリームを塗布しますが、頭皮や髪の毛全体に行き渡るように馴染ませ、指の腹を使いながら、優しくマッサージしましょう。

揉みほぐすことで頭皮も柔らかくなり、血行が促進されます。

ですが、育毛や増毛を謳うシャンプーではないので、使えば薄毛に効果的とはいきません。

この点を誤解してしまう人も多いようで、クリームシャンプーに配合されている成分は基本、保湿性のあるオイルが配合された美容成分です。

他に間違った使い方として、無理に泡立たせるケースが挙げられます。

多少泡立つタイプもあるので、こうした使い方をされる人もいらっしゃいますが、力を入れて擦ったり、爪で頭皮を傷つけることは避けましょう。

全体的にクリームが浸透したら洗い流します。

必要な皮脂を残すには、ぬるま湯を使うのがベスト、すすぎ残しがないようにしっかりすすぎましょう。

また、コンディショナーやトリートメントを使ってしまう人もいるようですが、クリームシャンプーは1ステップでヘアケアが完了するので、シャンプーのみで事足ります

こうした誤解を生む使い方にも注意しましょう。

育毛剤ではないために効果は期待しない

「間違った使い方」としては、泡立つものではないのに激しく洗う、1本でヘアケアが完了するのにそれ以外にもヘアケアアイテムを使うなど、こうした間違ったポイントさえ抑えておけば、健やかな髪、美髪が作り出せます。

また、間違いやすい認識としては、抜け毛対策にも繋がりますが、育毛シャンプーではないという点です。

オイルマッサージによって血行が促進されれば、土壌となる頭皮環境も改善し、抜け毛対策にも繋がります。

そのため、美容効果を謳うクリームシャンプーですが、男性も使用することができます。

短髪の男性の場合は、髪や頭皮に塗り込むだけでも十分と思われがちですが、しっかりとマッサージをしてクリームを全体に行き渡らせましょう。

また、成分を浸透させるために、少し時間を置いてから洗い流すことで有効成分が行き届きます。

ちなみに、育毛剤とは違うので、そうした効果を期待したいのならば、洗髪後はしっかり乾かしてから利用しなければなりません。

水分が残っている状態では育毛成分が浸透しないようで、効果が薄くなってしまいます。

また、クリームシャンプーの間違いやすい使い方として、ボディソープやメイク落とし、洗顔料としても使える多機能シャンプーですが、洗浄力が弱いので、濃いアイメイクやウォータープルーフのマスカラ、口紅などが落ちにくいことがあります。

その時々に合わせて、シャンプーやクレンジング剤を使い分けることもポイントになりそうです。

 

クリームシャンプーの間違いやすい使い方としては、洗い方も含めて、その効果の認識の違いもあるようです。

頭皮環境を整え、抜け毛を予防するものの、育毛効果は育毛剤あってのことです。

泡立たないから泡立たせることを避け、シャンプーとして正しい使い方で乾燥を防ぎましょう。

サイト内検索
クリームシャンプー関連コラム
おすすめクリームシャンプー(その他)