クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

パーマにクリームシャンプーを使用すると長持ちする?

話題になっているクリームシャンプーは頭皮に優しく髪の毛を保湿するだけではありません。パーマをかけている方にとっても、とれにくく長持ちさせる働きも発揮してくれるのでメリットがたくさんあります。

きれいで健康的な髪の毛をキープするには、シャンプーするだけと手間のかからない方法なのも魅力と人気になっています。

 

パーマの仕組みをおさらいしよう

髪の毛に形を強制的につけることができるのがパーマの特徴ですが、ただカールを付けたのではすぐにとれて元に戻ろうとしてしまいます。これを長期間、カールを保たせるには髪の毛の芯から形作ることが必要です。

そのためには髪の毛の外側でバリア役をしているキューティクルを専用の薬剤で開き、髪の毛の内部に浸透させて熱で形を作ります。これが完成したらキューティクルをまた戻して、シャンプーで薬剤を落として完成です。

この工程でどうしてもキューティクルの結合が弱まってしまうので、その隙間から水分や脂質が蒸発しやすく髪の毛の乾燥やパサつきが気になってしまうのです。パーマ液そのものはかなり進化して改良され、それ自体で傷むことはかなり軽減されています。

しかし、髪の毛の状態やその後のケアで傷みが発生しやすいので、ダメージに繋がってしまうことが多いのです。また、扱い方次第で髪のウェーブが取れやすくなってしまうのも、薬剤の効果がキューティクルから流出してしまうことと、キューティクルを十分にケアできていないことも原因です。

その大きな要因が髪の毛をきれいにしようと思って使っているシャンプーなのです。市販のシャンプーには強い成分が使われているので、それが効果を落としてしまったり痛みの原因になってしまいます。そのため、シャンプー選びが髪の毛の質やウェーブをキープさせるには重要になってくるのです。

 

一般のシャンプーが起こすパーマへの影響

シャンプーは頭皮や髪の毛の汚れを落とすのに必須です。とは言っても、それ以上にマイナスになることもあるので注意が必要です。

特にパーマをかけた髪の毛にとっては、市販の一般的なシャンプーの成分は汚れを落とすものの、パーマまでも落としてしまう成分が入っています。代表的なのが界面活性剤です。この成分は泡立ちを良くしたり汚れを取る役割をします。ですからシャンプー以外にもソープ類にも配合されていることが多いです。

もちろん、人体には影響がない安心の成分ですが、実は強い洗浄成分なので薬剤を使った髪の毛にはダメージが出てしまいます。パーマをかけた髪の毛はキューティクルを一度緩めているので、何もしていない髪の毛よりも結束が弱くなっています。

そこに強い界面活性剤を連続使用していると、だんだんとキューティクルの隙間から内部に浸透して、髪の毛の脂質、さらにパーマの効果を出す薬剤成分も流出して潤いも奪われてしまいます。カールが取れかかったダメージヘアへとまっしぐらになってしまうのです。

ところがクリームシャンプーの場合は、界面活性剤を含まず天然由来成分が中心です。これで包み込むように洗えばキューティクルを傷ませることもないですし、クリームの保湿作用が髪の毛をコーティングするようにケアしてくれるので、傷むどころかカバーしてくれるのです。

クリームシャンプーを使うことで薬剤の効果をしっかりと髪の毛にとどめることもできますから、きれいに長持ちが叶うのです。

 

絡みや摩擦も起こさないのもメリット

もう1つクリームシャンプーでカールを長持ちさせる効果として、シャンプー時に摩擦が起きにくいことがあります。一般的なシャンプーは泡で洗います。本当にたっぷりのきめ細かい泡であれば、髪の毛同士が触れ合うこともないでしょう。

しかし、それほどの大量できめ細やかな泡は、人の手で作るのは難しく、泡の中で髪の毛同士がこすれ合ってしまっています。この摩擦でも取れていくので、日々の少しの摩擦が積もりに積もってウェーブが取れるのが早まってしまいます。

しかし、クリームシャンプーの場合は髪の毛1本1本をコーティングするようになるので、直接的に髪の毛同士がこすれることの防止にもなります。さらに泡立たないので無理に擦ることもなく、刺激を与える心配がありません。

これだけでも長持ちしますのでクリームシャンプーはおすすめなのです。汚れを浮かして除去する成分もきちんと配合されているので、清潔でありながら保湿もできて潤いも保たれます。潤いある肌だとハリがあるのと同じように髪の毛も弾力が出るので、クリームシャンプーを使うとカールもきれいに出るのもメリットです。

 

一般の市販シャンプーには強い洗浄成分が入っているので、パーマの髪の毛には適しておらずダメージを与えるだけです。一方、クリームシャンプーは成分も低刺激で髪の毛同士の摩擦も回避できます。

結果的にきれいな状態を長く維持できるので、パーマをかける頻度も抑えられて髪の毛にダメージを蓄積させません。カールを長くキープできるだけではなく、きれいに見せることや髪の毛の質さえも高めてくれるメリットがあります。

汚れやにおいを取るなどの基本的なシャンプーの機能も十分あるので、将来の髪の毛のことも含め長い目で見ると魅力が満載です。

 
サイト内検索
クリームシャンプー関連コラム