クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

クリームシャンプーで頭皮のべたつきを改善

海外セレブが使い始めたことによって爆発的な人気を博し、クリームシャンプーは日本へまでその流行が波及してきました。

泡立たないので最初は物足りなさを感じることもありますが、使っているうちにその効果を実感することができるとあって人気を集めているのです。

一体どのような商品なのか詳しくみていくことにしましょう。

 

 

固定概念を覆す泡立たないシャンプー

日本ではシャンプーは泡立つほうが良いとされていましたが、クリームシャンプーによってそれは単なる固定概念であることが明らかとなりました。

泡立ちが良ければ汚れが落ちやすい、泡立ちが良ければ洗い上がりが何となく気持ちが良いというのは長年のシャンプー業界によって作られた固定概念だったのです。

クリームシャンプーの登場によって泡立たなくてもしっかりと汚れを落とすことができることが明らかになりました。

従来のような泡が立つことが全くないので、使い始めのときには本当にこれで良いのか、全く泡が立っていないけれどこれで効果はあるのか、と不安になる方が多いようですが心配無用です。

女性の方ならよく分かるでしょうが、クリームシャンプーではクレンジングクリームと同様の効果を得ることができます。

クリームに汚れや皮脂が吸着し、洗い流すことによって泡立つシャンプーと同様のさっぱり感やすっきり感を得ることができるのです。

泡立つシャンプーの場合は泡立ちが重要なのでついつい使いすぎてしまいますが、このタイプの場合には沢山液を使用しなくてもいいので経済的でもあるのです。

 

ベタつきを抑えて頭皮を優しくいたわる

髪の毛というのは常に皮脂でコーティングされており、それが髪を守る役割を担っています。

過剰な洗髪は皮脂を過剰に洗い流してしまう恐れがあるため、頭皮に必要なコーティング力を奪ってしまいますが、クリームシャンプーの場合は不必要な酸化した皮脂のみを洗い流すので頭皮をいたわりべたつきを抑えることができると評判です。

頭皮を優しくいたわりながら余分な皮脂を落とし、髪を清潔に保つことができるのが特徴です。

また、クリームには環境汚れと言われる車や工場から排出された排ガスに含まれる微粒子、花粉や砂埃などの汚れもきれいに吸着させて洗い流してくれるのです。

従来のシャンプーの場合、洗浄力が強すぎることもあって必要な皮脂まで洗浄してしまっていたのが実は最大の問題点です。

髪を守るために必要な皮脂が少なくなると、毛穴から皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

このような悪循環により髪がベタついてしまっていたのです。

 

クリームシャンプーのデメリットとメリットを解説

デメリットとメリットを知っておくことでその商品の特性を知って使用することができます。

クリームシャンプーのメリットは、脂の相溶性があるために従来の泡立つシャンプーと比べて洗浄力が弱いため、過剰に皮脂を洗い流してしまうといったリスクがない点です。

油でできているので髪同士が摩擦を起こして軋んだり、ダメージを起こしてしまうことも防ぐ効果があります。

必要な皮脂は残して不要な菱の実を洗い流してくれるので、髪のべたつきを抑えて頭皮を優しく守る働きがあるのです。

更に、クリーム状なのでマッサージがしやすいことから頭皮にもとても良いことが証明されています。

クリームシャンプーのデメリットは、いままでのシャンプーと泡という慣れ親しんだ性質が無いので髪を洗っている実感がありません。

一部では評価されてはいますが、まだ種類が少ないので入手先が限定されているというデメリットもあります。

また、泡立つシャンプーに比べてコストパフォーマンスがあまり良くないので、あっという間に無くなってしまうという点があります。

ただ、髪が傷みやすい方、頭皮がベタつく人にとっては最良のシャンプーであると言えるでしょう。

 

サイト内検索
クリームシャンプー関連コラム
おすすめクリームシャンプー(その他)