クリームシャンプー(ノープー)のおすすめ人気比較ランキングをご紹介!【口コミでも髪の毛や頭皮に優しいと評判!】

敏感肌ならクリームシャンプーを選ぼう!

一般的なシャンプーには洗浄成分として界面活性剤が配合されていて、汚れや皮脂は落とすものの、成分によっては肌や髪にダメージを与える恐れがあります。

シャンプーでかゆみがでたり荒れたりした経験を持つ敏感肌の人も少なくないでしょう。

そんな人におすすめなのが、クリームシャンプーです。

クリームシャンプーはオイルの作用で汚れや皮脂を落とすというもので、頭皮への刺激が少ないため肌が敏感な人でも安心して使えます。

 

泡立たないのに本当に汚れが落ちるの?

クリームシャンプーは、頭皮と髪をクリームで包み込むようにして洗浄します。

なんとなく肌に優しいイメージはありますが、気になるのが、それで汚れがきちんと落ちるのかということではないでしょうか。

クリームシャンプーには天然オイルが配合されています。

このオイルが皮脂汚れなどの油分を含んだ汚れを乳化させて浮かすことで、きれいに除去することを可能としています。

オイルが皮脂汚れを浮かすというと不思議に感じるかもしれませんが、ちょうどメイクを落とすためのクレンジングオイルと同じようなもの。

オイルがほかのオイルと混ざりやすい性質を利用して、効果的に汚れを落とすことができます。

一般のシャンプーに洗浄剤として使われている界面活性剤は、汚れも余分な皮脂もよく落としますが、同時に頭皮への刺激が強い上に必要な皮脂まで取りのぞくことがよくあります。

敏感肌の主な原因は、過度の皮膚の乾燥によってバリア機能が低下していることです。

必要な皮脂まで落ちた肌は水分を保持できずにより乾燥しますので、よりかゆみや炎症を起こしやすくなってしまいます。

クリームシャンプーに含まれたオイルは保湿力がありますので、汚れを落として清潔に保つだけでなく、乾燥を予防・改善することができ、かゆみや炎症、フケの発生を予防することにつながります。

また、泡立てずに包みこむようにして洗うため、髪に摩擦などの刺激を与えずに済むメリットあり、髪も頭皮も健やかな状態に導かれます。

 

クリームシャンプーには界面活性剤は配合されていないの?

クリームシャンプーには界面活性剤がまったく含まれていないわけではありません。

シャンプーによっては含まれていることもあります。

しかし、一般的なシャンプーに配合されている界面活性剤とは種類が異なります

界面活性剤とは、水と油のような本来は混ざりあわないものを混ざるようにするためのもので、その性質を利用して、髪や頭皮に付着した油分を含んだ汚れを浮かして洗浄できるようにしているのです。

そのため、その存在自体が害になるようなものでは決してありません。

しかし、水と油の境目を活性化させる力が強い物だったりすると、肌表面を保護する皮脂まで取り除くため、刺激となるのは事実です。

種類は大雑把にわけてイオン性と非イオン(ノニオン)性の2つがあり、さらにイオン性はアニオン、カチオン、両性と3つに分けられます。

このうち、泡だつシャンプーによく配合されているのがアニオン界面活性剤で、洗浄力が高い分、必要な皮脂までとりのぞいてしまう傾向があります。

クリームシャンプーによく配合されているのはカチオン界面活性剤です。

これは柔軟化や帯電防止、殺菌作用などがあり、リンスやトリートメントに配合されていることも多い成分です。

そのため、クリームシャンプーで洗ったあとの髪はしなやかでしっとりとまとまりやすくなり、リンスやコンディショナーが不要となります。

肌が敏感な人は、いくつものヘアケアアイテムを使ってさまざまな成分を肌に触れさせるのはよくありません。

成分が多いほど、肌が反応するものが含まれている可能性が高くなるためです。

リンスやコンディショナー不要のクリームシャンプーはその面でも敏感肌の人におすすめです。

 

注意点に気をつけてすっきりシャンプーを!

天然オイルによる洗浄効果で肌にあまり負担をかけずに洗うクリームシャンプーは、オイルの作用で保湿に優れています。

また、抗炎症作用や血行促進作用があるものも多いため、頭皮環境を整える効果が期待できることもあります。

敏感肌の大きな原因は頭皮の乾燥ですので、クリームシャンプーによるスカルプケア効果で肌状態の改善も期待できるでしょう。

クリーム状のオイルが髪を傷めず洗浄し、さらにケアしますので、表面のキューティクルが整ってツヤのある健やかな状態に導かれます。

しかし、オイルの持つ洗浄力は比較的マイルドですので、泡立つシャンプーと比較すると汚れ落ちが弱いという傾向があります。

整髪フォームやワックスをがっちりつけている場合は、しっかり落ちない可能性も。

その場合は、週に1、2回は一般的なシャンプーを使うというように、肌状態に合わせて調整するといいでしょう。

クリームシャンプーで洗うときは、これは一般的なシャンプーでも同様ですが、洗髪前には髪を丁寧にブラッシングして髪や頭皮に付着した汚れやほこりを浮かし、その後ぬるま湯で十分に予洗いすることが大切です。

この2点を守ることで汚れの7割は落ちるといわれています。

その後は、クリームシャンプーを手に適量とって、頭皮と髪の根元から毛先までなじませていきます。

数分置いてからしっかりと洗い流してください。

シャンプーの洗い残しなどがあると、いくら低刺激でも敏感肌ではかぶれたり赤くなったりする恐れがありますので気をつけましょう。

 

 
サイト内検索
クリームシャンプー関連コラム